検索
  • 長辻󠄀

この時期になると自己表現する

ほんの1~2週間だ

ああ、そこにも

ああ、あんな山の中にも

日頃は何も目立たない

しかしこの時期

精一杯自分を現す

一年のほとんど

私はさくらよ

などと言わない

葉を出し羽根を広げて

うんと良い蕾を育てて

根気よくこの時期を待っている

そうこの季節を待っていたのよ

一斉に私はさくらよと

全精力を使って開花する

人々はその豪華さを愛で(めで)

花を見ながら気持ちを開放する

ああなんて豪華絢爛

それは青い空に浮き上がる

ほんの一瞬だが

桜の木に感謝する

花の後はまた忘れられる

それが繰り返されるが

決して桜は裏切らない

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2019末 中国から発生 2020.3 ダイヤモンドプリンセス号でコロナ患者発生 2021.3 新型コロナ 国内での死者6,000人を超える 2021.7 オリンピック無観客で開催 2022.3 世界での死者600万人超える 2022.8.3新型コロナの新規感染者数、日本が世界最多 2022.8.18全国で一日24万人感染死者3.6万人 というのに、帰省ラッシュ、3年ぶりに行動制限を行わない 2年

謹んで哀悼の意を表し、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

年が寄ってボケること 耄碌の耄とは、七十歳の老人 八十歳、九十歳の老人 年寄り 老人 おいぼれる 音読み もう・ぼう 訓読み おいぼれる・ほうける・としより やはり年が行くと髪の毛が関係するのか 薄くなるのは実感しているし、白くなってその本数も少なくなる または抜ける 耄碌の碌とは、石が多くあるさま、平凡なさまとある この碌の右側は、緑の右と同じではない 相互の互という字に横一を省いてあとは緑の右