検索
  • 長辻󠄀

70年前の母と私の遺物が見つかった

いや正式には私の場合は過去のもの

それは「へその緒」つまり臍帯

私と母が繋がっていた証だ

父の名前と年齢

母の名前と年齢

出生地はもう使われていないが

中河内郡松原村

体重一×二四十匁(もんめ)

と書かれている

一は1貫目

江戸時代の重さの単位と書かれている

1貫目は3.75Kg

1000匁で1貫

240×3.75g=900g

3750+900=4,650g

4650gの赤ちゃんなんて今はもういない

どれだけ大変な目をして生んでくれたのだろう

生年月日とその時間

午前5時と書かれている

そして最後に産婆「松村スヱ」

と書かれている

スヱさんに私が取り上げられたのが分かる

私の長男のへその緒は桐の箱に入っていたが

私のは表に寿

御臍帯納と書かれ

真ん中には鶴の姿が描かれている厚紙で作った箱である

脱脂綿でくるまれ小さな遺物は当初グロテスクにも思われた

しかしよく見てみると

やや細いタコ糸で縛られた干物のようだ

これが実の母と私の唯一の証

証拠品でもある

生きていた母の遺物

また母に会えたような錯覚があった

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

ここ10日間ほど家にほぼ閉じこもっている

何か逼塞感が漂っている 前にも進めず 後にも引き返せないと言った感じだ あまり人にも会わない 仕事も止まっている 逼塞(ひっそく)とは 江戸時代に武士や僧侶に科せられた刑罰らしい 閉門より軽いとのこと 内容は50日間と30日間の2種類 門を閉ざし昼間の出入りが許されない 正しく今この逼塞状態 今は食料の買い出しや 健康維持のための散歩 といったことまでは禁止されていないが 新型コロナウィルスによる

景気が冷えている所の騒ぎではない

景気が冷えている所の騒ぎではない この新型コロナウィルス 政府が人の交流をしないように要請している 要するに 密閉するような換気の悪い所へは行くな 多くが集うような所には入るな 人が近くで話すような場面は作るな という 買い物や行楽でもそうで、移動も控えよと言っている いわゆる戦時体制だ 爆弾が落ちる(新型コロナウィルスに触れる)から 防空壕(自宅等)に籠もる必要がある という 一番怖いのはウィル

​〒590-0424

大阪府泉南郡熊取町

​七山北78番地

Tel:072-424-1303

Fax: 072-424-1303

info@police.jp.net

© 2019