検索
  • 長辻󠄀

緊急事態宣言の延長

埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県はコロナ禍に対して1月7日に1ヶ月間緊急事態宣言が出されたが3月7日まで1ヶ月延長された。

本来、国家としての非常事態宣言や緊急事態宣言は例えば外国が攻めてきたとか、テロが各地で発生したとかが基本的な考えであろう。

それが、大地震や大津波が発生したとか今回のようなウィルスにより国民が罹患する割合が多いときなど、個人の権利義務より国家としての利益を守らなければならないときに発令されるものだ。

当然それは現時点で、何よりも優先されるべきものである。

それに従わないときは、個人の自由をも制限されるものだ。

そんな大変な制度であるべきが、罰則は罰金でなく過料で済ますというのは如何にも中途半端な制度になってしまった。

外国のように逮捕や拘束も辞さない態度が必要と思われるが、いかがなものであろうか。

平和ボケや何があっても何もせずにやり過ごすと言った態度は、徳川時代にさかのぼったようでもある。

北朝鮮による拉致やロケットが日本上空である領地を平然と飛び越え、制空権を侵害されても何も騒がないし、平然としている。

太平楽と言われても仕方がないであろう。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

日本は何故ワクチン開発が遅いのか(2021/4/27)

ワクチン開発は、軍事産業の一貫。 そもそも化学兵器の研究は日本では、行われていない。 しかし、アメリカや他の国では軍事産業として日頃から研究している。 その一環として、細菌兵器になりうるウィルスの研究は必要なものである。 兵隊がウィルスに罹患したら、すぐにワクチンを摂取して対応しなければならない。 そのためには日頃から、細菌への研究は欠かせられない。 日本は当然ワクチン対応など、直ぐにできるはずが

あたりまえであること

あたりまえであることが あたりまえであったことが あたりまえでなくなることが すぐ近くに来ている いや、もう来ているのかもしれない はじめはささやかに 次第に大きく それは私が感じる出来事 それは大きな出来事 あれっ?と感じる しかし、卑下してはならない 今まで何事もなく自然にできていたことが 出来なくなる このような体験がますます増えてくる それにより こんな私ではなかった そういう気持ちが高じ

警備員指導教育責任者は必要ありませんか

現在、警備員指導教育責任者の資格を持った元警察官が弊社に多く登録されています。 主に1号から3号までです。 派遣された元警察官は制服を着て、現場には行くことはできません。 これは労働者派遣業法で禁止されているからです。 だから警備員の指導教育に伴う ・ 警備員に対する指導教育 ・ 書類の作成や帳簿の整理 ・ 警察官の立入り時における立会 ・ 警備業経営者に対する指導・助言 などが主な業務になります