検索
  • 長辻󠄀

景気が冷えている所の騒ぎではない

景気が冷えている所の騒ぎではない

この新型コロナウィルス

政府が人の交流をしないように要請している

要するに

    密閉するような換気の悪い所へは行くな

    多くが集うような所には入るな

    人が近くで話すような場面は作るな

という

買い物や行楽でもそうで、移動も控えよと言っている

いわゆる戦時体制だ

爆弾が落ちる(新型コロナウィルスに触れる)から

防空壕(自宅等)に籠もる必要がある

という

一番怖いのはウィルスを持っている若者が無自覚のまま

あちこちに爆弾を撒き散らすことだ

だから、人々には見えない爆弾を

抱え込むかもしれないのだ

一説によると

手についたこの爆弾は自分の顔に移して

そこから呼吸器系に取り入れることにより保菌してしまうらしい

消化器系に入っても胃液等で殺菌されるとのことだ

だからむやみに手で顔を触らないようにすべきと

警鐘を鳴らしている

私も意識してみた

しかし自然に自分の手が鼻や口元に触れてしまう事が分かった

無意識に顔の一部分を触るのだ

マスクをしていればその機会がすごく減少する

外に出たら色々な所を手で触ることになる

手にこのウィルスが付いたと仮定した対策を取ることが必要かもしれない

家に帰ったら必ず手洗いを丹念にすることが最も重要だ

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

緊急事態宣言の延長

埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県はコロナ禍に対して1月7日に1ヶ月間緊急事態宣言が出されたが3月7日まで1ヶ月延長された。 本来、国家としての非常事態宣言や緊急事態宣言は例えば外国が攻めてきたとか、テロが各地で発生したとかが基本的な考えであろう。 それが、大地震や大津波が発生したとか今回のようなウィルスにより国民が罹患する割合が多いときなど、個人の権

あたりまえであること

あたりまえであることが あたりまえであったことが あたりまえでなくなることが すぐ近くに来ている いや、もう来ているのかもしれない はじめはささやかに 次第に大きく それは私が感じる出来事 それは大きな出来事 あれっ?と感じる しかし、卑下してはならない 今まで何事もなく自然にできていたことが 出来なくなる このような体験がますます増えてくる それにより こんな私ではなかった そういう気持ちが高じ

警備員指導教育責任者は必要ありませんか

現在、警備員指導教育責任者の資格を持った元警察官が弊社に多く登録されています。 主に1号から3号までです。 派遣された元警察官は制服を着て、現場には行くことはできません。 これは労働者派遣業法で禁止されているからです。 だから警備員の指導教育に伴う ・ 警備員に対する指導教育 ・ 書類の作成や帳簿の整理 ・ 警察官の立入り時における立会 ・ 警備業経営者に対する指導・助言 などが主な業務になります

​〒590-0424

大阪府泉南郡熊取町

​七山北78番地

Tel:072-424-1303

Fax: 072-424-1303

info@police.jp.net

© 2019