検索
  • 長辻󠄀

台風19号による被害

北日本では台風19号による、風と水の被害が大きい。

大雨によって川の堤防が決壊して、周辺に水が流れ込み多くの家が被害にあった。

地元大阪では、台風の影響はほとんどなかったので、地域安全運動のキャンペーンとしてひったくり防止カバーを自転車の前かごに取り付けたりした。

地域安全サポートという、地元警察署長から委嘱を受けてお手伝いするものだ。

これが終わって、サポーターとコーヒを飲みながら話したが、台風被害で床上に上がった泥水を掃除されていたが、事の大変さを誰もが感じた。

8年前の東日本大震災で、津波によって家々が流される風景がよみがえった。

そんな状況であった。

日本中をその範囲に入れるぐらいの大型の台風だったが、やはり大きな被害が出た。

今回は風より、雨による被害が大きと思う。

堤防の決壊が47河川、66箇所という。(52河川73箇所10/16新聞)

その周辺の畑や町が泥水で覆われている。

いつも思うことだが、予想されていなかったのだろうか。

大雨が降れば川は増水する。

私達の子供の頃は、もっと川の水が多かった。

現に近くの川で泳いだ記憶がある。

今は水も少ないし、きれいではない。

それは数十年前の話ではあるが、雨が少なくなってきたのか、山の保水力が落ちたのか。

自然に下流では砂がたまり、川底も高くなってくる。

川の持つ保水力とでも言うのか、確実に少なくなってきている。

そんなときに大雨が来ると、今までは持っていただろうが堤防が決壊するのは当然だろう。

地道に川底をさらえるとか、堤防をより高くするとか強化する以外、手はないのではないだろうか。

河川敷でグランドを作ったり、一部では畑などしているようであるがとんでもないことのように思える。

どうも、山の手入れや川の手入れをせずにいたら自然は刃を向けて来るであろう。

目先のことばかり対応していると、こういうことになると自然は教えれくれているのにである。

十年二十年先のことをやらなければ。

今からでも遅くないと思うのだが。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

緊急事態宣言の延長

埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県はコロナ禍に対して1月7日に1ヶ月間緊急事態宣言が出されたが3月7日まで1ヶ月延長された。 本来、国家としての非常事態宣言や緊急事態宣言は例えば外国が攻めてきたとか、テロが各地で発生したとかが基本的な考えであろう。 それが、大地震や大津波が発生したとか今回のようなウィルスにより国民が罹患する割合が多いときなど、個人の権

あたりまえであること

あたりまえであることが あたりまえであったことが あたりまえでなくなることが すぐ近くに来ている いや、もう来ているのかもしれない はじめはささやかに 次第に大きく それは私が感じる出来事 それは大きな出来事 あれっ?と感じる しかし、卑下してはならない 今まで何事もなく自然にできていたことが 出来なくなる このような体験がますます増えてくる それにより こんな私ではなかった そういう気持ちが高じ

警備員指導教育責任者は必要ありませんか

現在、警備員指導教育責任者の資格を持った元警察官が弊社に多く登録されています。 主に1号から3号までです。 派遣された元警察官は制服を着て、現場には行くことはできません。 これは労働者派遣業法で禁止されているからです。 だから警備員の指導教育に伴う ・ 警備員に対する指導教育 ・ 書類の作成や帳簿の整理 ・ 警察官の立入り時における立会 ・ 警備業経営者に対する指導・助言 などが主な業務になります

​〒590-0424

大阪府泉南郡熊取町

​七山北78番地

Tel:072-424-1303

Fax: 072-424-1303

info@police.jp.net

© 2019