検索
  • 長辻󠄀

千葉県で小学4年生の子どもが虐待を受けて死んだ

平成31年1月末に千葉県で10歳の児童が肉親の虐待を受けて死んだ

他の死亡事例は

平成21年大阪市で内縁の夫と実母の虐待で9歳の女児

平成22年東京都で継父と実母に暴行で7歳の男児

平成23年大阪市で父親の虐待で生後3か月の男児

平成28年堺市で父親に壁に打付けられて3歳の男児

平成30年東京都で継父から暴行を受けて5歳の女児

数え上げたらきりがないくらい肉親により虐待を受けて幼い命を落としている

もう17年も前の話だが、平成14年1・2月に20日間、警察大学校で少年保護対策の研究で入校した。

私が大阪府警察本部少年課の少年育成担当補佐の時代である。

子どもへの虐待対応の研究だった。

全国から10数名が集い、各県警の虐待事例などを出し合い、警察としていかにあるべきかを研究した。

その結果をマニュアル本にし、全国の警察に配布した。

子どものあざを見て、身体的虐待はないか子どもを観察すること。

その疑いがあるなら、児童相談所(児相)などと連携を図ることなどなど。

例えば、虐待が疑われる父母の問題対応会議には、警察官が必ず入るといったことはとても有効だと思う。

警察は特殊詐欺、ストーカー、DV等新たな犯罪も目白押しである。

先日もテレビで、子どもの虐待等に造詣が深い後藤啓二弁護士が(元大阪府警察本部生活安全部長、少年課当時に仕えた)「警察ともっと連携するのがいい」と言っておられた。

しかし、現場の警察官はとかく忙しい。

だから、元警察官がよい。

その経験豊富な元警察官の意見を取り入れて、今後の対応をすれば、もっと子どもの命が救えるのではないだろうか。

幼い児童が、一番身近な人から色々な虐待を受けるのをどうしても防ぐ必要がある。

一人でもいい二人でもいい、純粋な子どもを魔の手から解放してあげたい。


10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

あたりまえであること

あたりまえであることが あたりまえであったことが あたりまえでなくなることが すぐ近くに来ている いや、もう来ているのかもしれない はじめはささやかに 次第に大きく それは私が感じる出来事 それは大きな出来事 あれっ?と感じる しかし、卑下してはならない 今まで何事もなく自然にできていたことが 出来なくなる このような体験がますます増えてくる それにより こんな私ではなかった そういう気持ちが高じ

警備員指導教育責任者は必要ありませんか

現在、警備員指導教育責任者の資格を持った元警察官が弊社に多く登録されています。 主に1号から3号までです。 派遣された元警察官は制服を着て、現場には行くことはできません。 これは労働者派遣業法で禁止されているからです。 だから警備員の指導教育に伴う ・ 警備員に対する指導教育 ・ 書類の作成や帳簿の整理 ・ 警察官の立入り時における立会 ・ 警備業経営者に対する指導・助言 などが主な業務になります

令和3年という年に入った

まずはコロナウィルスによる災いであろう まだ明けて1週間にもかかわらず 東京では感染者が2000人を超えた 大阪でも600人を超えた ここ何ヶ月も何人が陽性になったというニュースばかり だからもうこのニュースに免疫ができた 一番怖いのは 何人出ても私の生活にあまり影響がない 通常にようにマスクしてうがい手洗い消毒 そして多くの人の集まらない所には長時間居らない だから何人出ても驚きはしない 医療施

​〒590-0424

大阪府泉南郡熊取町

​七山北78番地

Tel:072-424-1303

Fax: 072-424-1303

info@police.jp.net

© 2019