検索
  • 長辻󠄀

以前から思っていた疑問

アメリカが無垢の市民を対象にして原子爆弾を投下した。

   廣島で7万人 1945.8.6

   長崎で8万人 1945.8.8

を殺害した。

 アメリカは、第二次世界大戦と言われる太平洋戦争を早期に決着させるためと称して、この行為を行った。

 しかも無警告で都市への投下を行った。

 それまでも敵国である日本の都市への焼夷弾爆撃いわゆる絨毯爆撃を繰り返していた。

 この無差別爆弾で、少なくとも非戦闘員の40万人が犠牲になった。

 廣島の慰霊碑の石碑に

   安らかに眠ってください

   過ちは繰返しませぬから

と刻まれている。

 すなわち、過ち=戦争を意味していると言われる。

 日本人が後世の日本人に「もう戦争をしませんから」と謝っている。

 問題になっているのは

   我々の過ちは繰返させぬから

 と言うべきであるという。

 心情的にも、まさしくこのような無差別の強大な爆弾の使用は再び使用させないから「安らかに眠ってください」と言うべきであろう。

 しかし、アメリカは今でもパールハーバーが原因で、やむなく使ったと思っている人がほとんどであろう。

 韓国のように執拗に謝罪せよとは言わないにしても、一度や二度はアメリカに「謝れ」

   Down on your knees!  手をついて謝れ!

と言わないにしても

   Apologize! 謝れ!

と言うべきではないか。

 今、アメリカとの協力関係は言うまでもないが、一言言っておくべきではないのか。

 誰も進んで戦争をする国はない。

 利害、心情、立場や思想等によって、お互いが意見を主張しあってやむなく戦争になる。

 例えば北朝鮮がミサイルを日本に向けて発射したとか、中国が尖閣諸島は中国の領土だとしてそこを占領した場合、日本は黙って指をくわえて見ているのか。

 今でさえ竹島や北方四島を黙認しているのだから、こういう事が起こっても黙ってみているのだろうか。

 または声を上げるだけで相手の行為を見逃すのだろうか。

 早く憲法をも改正して、自衛隊を国軍として認め、領地を守り奪われたら取り返すのが我々日本人のなすべき行動ではないのか。

 誰もそういう事を言わないし、主張もしない。

 東京裁判で日本人は骨抜きにされたのだろうか。

 それが今の日本人なのだろうか。

 武士ではないが、命をかけて守るべきものではないのか。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

緊急事態宣言の延長

埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県はコロナ禍に対して1月7日に1ヶ月間緊急事態宣言が出されたが3月7日まで1ヶ月延長された。 本来、国家としての非常事態宣言や緊急事態宣言は例えば外国が攻めてきたとか、テロが各地で発生したとかが基本的な考えであろう。 それが、大地震や大津波が発生したとか今回のようなウィルスにより国民が罹患する割合が多いときなど、個人の権

あたりまえであること

あたりまえであることが あたりまえであったことが あたりまえでなくなることが すぐ近くに来ている いや、もう来ているのかもしれない はじめはささやかに 次第に大きく それは私が感じる出来事 それは大きな出来事 あれっ?と感じる しかし、卑下してはならない 今まで何事もなく自然にできていたことが 出来なくなる このような体験がますます増えてくる それにより こんな私ではなかった そういう気持ちが高じ

警備員指導教育責任者は必要ありませんか

現在、警備員指導教育責任者の資格を持った元警察官が弊社に多く登録されています。 主に1号から3号までです。 派遣された元警察官は制服を着て、現場には行くことはできません。 これは労働者派遣業法で禁止されているからです。 だから警備員の指導教育に伴う ・ 警備員に対する指導教育 ・ 書類の作成や帳簿の整理 ・ 警察官の立入り時における立会 ・ 警備業経営者に対する指導・助言 などが主な業務になります

​〒590-0424

大阪府泉南郡熊取町

​七山北78番地

Tel:072-424-1303

Fax: 072-424-1303

info@police.jp.net

© 2019