検索
  • 長辻󠄀

あたりまえであること

あたりまえであることが

あたりまえであったことが

あたりまえでなくなることが

すぐ近くに来ている

いや、もう来ているのかもしれない

はじめはささやかに

次第に大きく

それは私が感じる出来事

それは大きな出来事

あれっ?と感じる

しかし、卑下してはならない

今まで何事もなく自然にできていたことが

出来なくなる

このような体験がますます増えてくる

それにより

こんな私ではなかった

そういう気持ちが高じると

心が老ける

身体の老化と同時に心が老けると

いよいよ老人の末期だ

そのうちに生きるという意欲も失せる

家族の社会の重しとなって足を引っ張ってしまう

だからこう考えることにしよう

あれっ?と感じた時

同じことが起こるのを待とう

その時までが心の準備だ

二度目

三度目はすぐにやってくるのだから

その時は

これでいいのだと思う

自分の年齢をもう一度自覚して

それなりのお歳なのだからと

それが普通なのだと

堂々と老いを楽しむのだ

すべての人類が通る道だということを

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

年が寄ってボケること 耄碌の耄とは、七十歳の老人 八十歳、九十歳の老人 年寄り 老人 おいぼれる 音読み もう・ぼう 訓読み おいぼれる・ほうける・としより やはり年が行くと髪の毛が関係するのか 薄くなるのは実感しているし、白くなってその本数も少なくなる または抜ける 耄碌の碌とは、石が多くあるさま、平凡なさまとある この碌の右側は、緑の右と同じではない 相互の互という字に横一を省いてあとは緑の右

車を走らせていて あっ、今の車信号無視した 指示器も出さずに右折した 一方通行でもないのに右側駐車している あっ、窓からたばこのポイ捨て ずっと家の前に軽四を駐車している と気になる まあ、辞めて12年も経つと 元警察官の意識は変わるのか と言えば 何も変わっていない やはり気にはなるが 以前のような怒りの程度は小さくなってきた それでもやはり良くないことは良くない とそう思う だから元警察官は皆

今日の新聞では、昨日の新型コロナウィルス感染者は東京30人、大阪28人全国で204人となっている。 一日に2000人や3000人と比べれば、随分と落ち着いた。 しかし、今まで172万人の感染と1万8千人の死亡が確認されている。 コロナで亡くなられた方や周囲の方々の大変な思いはいかばかりであっただろう。 このまま第6波が来ないことを祈るばかりである。 今後も、コロナと共存していかなければならない。