top of page
検索
  • 長辻󠄀

あたりまえであること

あたりまえであることが

あたりまえであったことが

あたりまえでなくなることが

すぐ近くに来ている

いや、もう来ているのかもしれない

はじめはささやかに

次第に大きく

それは私が感じる出来事

それは大きな出来事

あれっ?と感じる

しかし、卑下してはならない

今まで何事もなく自然にできていたことが

出来なくなる

このような体験がますます増えてくる

それにより

こんな私ではなかった

そういう気持ちが高じると

心が老ける

身体の老化と同時に心が老けると

いよいよ老人の末期だ

そのうちに生きるという意欲も失せる

家族の社会の重しとなって足を引っ張ってしまう

だからこう考えることにしよう

あれっ?と感じた時

同じことが起こるのを待とう

その時までが心の準備だ

二度目

三度目はすぐにやってくるのだから

その時は

これでいいのだと思う

自分の年齢をもう一度自覚して

それなりのお歳なのだからと

それが普通なのだと

堂々と老いを楽しむのだ

すべての人類が通る道だということを

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

同窓会の写真

同窓会の写真を見ていたら、皆それぞれ経年劣化しているのが分かる。 しかし、年齢を重ねてきたその重みも感じる。 写真は実に忠実だ。 私自身、こんなにおじんか?と思ったぐらいだ。 18歳時、自分はどう生きていくのか、これからどうすべきかなど自分の生きていく方法についてそれぞれが悩み、その後も時々においていかに生きるべきか考えて生きてきた。 しかし、今この時になればそれぞれが生きてきた経緯が顔のしわに刻

法の下に平等

法の下に平等かもしれないが 人は生まれてくるときにすでに平等ではない それぞれ違った環境のもとに違ったレベルで生まれてくる 最初から能力をもっている人 お金持ちの家に育つ人 両親が普通と言われる人でないことや 子供に恵まれない人 身体に不具合を待っている人 それぞれである 与えられる人生も その能力や努力によっても違いは出るが 平等ではないと思う しかし、与えられている時間は平等である 死に向かっ

安倍元首相の死去に伴い

謹んで哀悼の意を表し、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

bottom of page