検索
  • 長辻󠄀

あたりまえであること

あたりまえであることが

あたりまえであったことが

あたりまえでなくなることが

すぐ近くに来ている

いや、もう来ているのかもしれない

はじめはささやかに

次第に大きく

それは私が感じる出来事

それは大きな出来事

あれっ?と感じる

しかし、卑下してはならない

今まで何事もなく自然にできていたことが

出来なくなる

このような体験がますます増えてくる

それにより

こんな私ではなかった

そういう気持ちが高じると

心が老ける

身体の老化と同時に心が老けると

いよいよ老人の末期だ

そのうちに生きるという意欲も失せる

家族の社会の重しとなって足を引っ張ってしまう

だからこう考えることにしよう

あれっ?と感じた時

同じことが起こるのを待とう

その時までが心の準備だ

二度目

三度目はすぐにやってくるのだから

その時は

これでいいのだと思う

自分の年齢をもう一度自覚して

それなりのお歳なのだからと

それが普通なのだと

堂々と老いを楽しむのだ

すべての人類が通る道だということを

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2019末 中国から発生 2020.3 ダイヤモンドプリンセス号でコロナ患者発生 2021.3 新型コロナ 国内での死者6,000人を超える 2021.7 オリンピック無観客で開催 2022.3 世界での死者600万人超える 2022.8.3新型コロナの新規感染者数、日本が世界最多 2022.8.18全国で一日24万人感染死者3.6万人 というのに、帰省ラッシュ、3年ぶりに行動制限を行わない 2年

謹んで哀悼の意を表し、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

年が寄ってボケること 耄碌の耄とは、七十歳の老人 八十歳、九十歳の老人 年寄り 老人 おいぼれる 音読み もう・ぼう 訓読み おいぼれる・ほうける・としより やはり年が行くと髪の毛が関係するのか 薄くなるのは実感しているし、白くなってその本数も少なくなる または抜ける 耄碌の碌とは、石が多くあるさま、平凡なさまとある この碌の右側は、緑の右と同じではない 相互の互という字に横一を省いてあとは緑の右